スキンケアやダイエットで女子力アップ!美肌食品からダイエットメソッド紹介!

鏡で見た自分のだらしない体を改善させるためにスリムフォー

鏡で見た自分のだらしない体を改善させるためにスリムフォー

 

鏡で見た自分のだらしない体を改善させるためにスリムフォー

 

社会人になって3年目、ふと立ち寄った銭湯で、自分の体をみると
下腹がぽっこり、なんともだらしない体をしていました。

 

Tシャツを着ても上からわかるほど、お腹が出ており
情けない体をしていたので、ダイエットを決意。

 

食事制限と筋力トレーニング

 

それまでは、栄養バランスなど気にもせず
ラーメンやお菓子などの間食、自分の食べたいと思ったものを
食べたいだけ食べていました。

 

まず、3食の間に食べていたお菓子や、深夜のおやつを完全にやめました。
加えて、毎食の食事では、ごはん、麺類、パン類の炭水化物、糖類は全く食べず
野菜や鶏むね肉、ささみなどの糖質、カロリーが低いものを選び、自炊をしました。

 

特に食べる食材には気を使い、基本はやキャベツやレタス、コマツナ、チンゲンサイなどの
葉物野菜を中心に、にんじん、たまねぎ、ジャガイモやえのき、しめじ、エリンギなどのキノコ類を
食べてカロリー制限を意識しました。

 

たんぱく質は豆腐や納豆、鶏むね肉やささみから摂取し、乳製品はカッテージチーズや牛乳を食べました。

 

一日に摂取するカロリーは1500kcalに制限し、それを3か月継続。

 

筋力トレーニングは、初めの1カ月目は週1回の2〜3時間のトレーニングで初めの30分は1時10キロペースでのランニング、その後1時間半〜2時間半程度の上半身と下半身のトレーニング器具を使った筋力トレーニングを行いました。

 

週一のトレーニングになれてきたころから、週2~3回程度にトレーニングの頻度をあげました。
内容は変えず、トレーニングをする回数だけを増やしました。

 

トレーニングは楽しいが、食事制限がつらい

 

筋トレは、始めているとストレス発散にもなり
体つきも変わってくるので楽しくなりますが普段の食事制限はとてもつらいものがあります。
初めの一か月目は、体重もすぐに減るので甘いものやラーメン、ビールなども我慢できますが2か月目からは、我慢するのが非常につらくなってきます。

 

食事制限をするのは、勿論のことだと思いますがあまりに過度な食事制限は途中でめげてしまう原因にもなってしまいますのであまりおススメできません。

 

自分にあったペースで、あまり辛いと思わない程度の食事制限を継続しトレーニングで体重を絞るイメージで続けると長続きするかと思います。

 

ダイエットには挫折が一番の壁。
そんな時は、サプリメントを利用しその中でもスリムフォーはおすすです。

トップへ戻る