スキンケアやダイエットで女子力アップ!美肌食品からダイエットメソッド紹介!

友人との体型の差に驚かされ

友人との体型の差に驚かされ

 

友人との体型の差に驚かされ

 

当時高校生だった私は運動部のマネージャーをしていたのですが、荷物を置いたり着替えをする部室は男女が分かれているだけで、選手もマネージャーも共用でした。
夏が近づいたある日、いつもなら洗い物や器具の片付けなどをしてから部室へ戻るので、選手が帰って部室を出た頃に私が部室へ戻る、という感じだったのですが、その日は練習が終わった後も自主練を数人でしていたようで、ちょうど選手の子が着替え始めるときに私も部室へ行き、着替えました。
そのとき、選手の子達の引き締まったお腹や足を目の当たりにして、いくら選手とマネージャーで運動量に差があるとは言っても同世代なのにここまで差があるのか、と驚きました。
選手の子達とは仲が良く、夏にはみんなで海に行こうという話も出ていたので、このままでは私一人だらしない体を見せることになると思いダイエットを決意しました。
筋肉を急に増やすことはできなくても少しでも脂肪を減らそうと思ったのです。

 

炭水化物はできるだけ取らないように、適度な運動を

まず最初に始めたことはとにかく食事を制限することでした。
朝食と昼食を食べないようにし、夜だけ野菜ジュースと野菜、たまにお肉や魚を食べる、といった生活をはじめました。
それから自分の体力と相談しながらスクワットと腹筋をするようにしました。
一番人目につくのは足とお腹なので、どうしてもそこを細くしたかったからです。
スクワットは20回、腹筋は100回、毎日時間が空いているときにこなしました。
それ以外でも、時間や体力に余裕があるときは壁に手をつき踵を上げ下げする運動を100回していたこともありました。

 

栄養が偏りがちになる

食事制限自体は慣れてしまえばどうってことはないのですが、制限するということを意識しすぎると炭水化物以外の必要な栄養分まで制限してしまうことがあります。
野菜ばかり食べていても体を壊してしまうので、うまく調整していかなければなりません。
また、私がこの方法でダイエットを行ったときは1ヶ月で10kg落とすことができましたが、それは途中から食事制限だけでなく腹筋やスクワットなどの運動を取り入れたからです。
食事制限だけで痩せてしまうと友人と外食したとき、たまにご褒美としてがっつり食べてしまったときなどの体重の変動が激しくなりますし、すぐにお腹が出てしまいます。
食べないことで脂肪が減っていくのは間違い無いのですが、体を締めておくための筋肉がないとどうしてもリバウンドしやすくなります。
ですから、一時的にどうしても痩せなければいけないような状況なのであれば食事制限だけのダイエットでも急激に痩せることはできると思いますが、痩せた状態をずっとキープして行きたいのであれば食事制限よりも自分が気になる部分のトレーニングを継続的に行った方がより効果的です。

トップへ戻る