スキンケアやダイエットで女子力アップ!美肌食品からダイエットメソッド紹介!

鏡に映った自分の姿が…

鏡に映った自分の姿が…

 

鏡に映った自分の姿が…

 

1日の摂取カロリーを減らし、運動を毎日行う
食事の内容に気を配りました。特定のものを一切食べないとか、逆に特定のものしか食べないなどといったダイエット方法は、短期的に見たら効果があるかもしれませんが、長期的にみると何かしらの反動があったり、リバウンドでダイエット前の体重を超えてしまったなどと言った声をたくさん聞いたため、特に食事の内容には気を使わず、お腹が減ったらご飯を食べるという基準で頑張りました。
お腹が減ったと言っても、少し空腹だからなにか食べる!という訳ではなく、本当にお腹が減った時な食事わ取ると言った方法です。
また、食事内容も少しだけ工夫しており、なんでも食べて良いではなく、なるべくカロリーを考慮して食材を選んでいました。
なので、高カロリーなもの(菓子パンやお菓子などは特に禁止でした。)は禁止にして、ごはんとお味噌汁とオカズと言ったベーシックな食事を心がけました。

 

また、運動も行っていたのですが、仕事の兼ね合いもあるので、毎日何時間も運動に時間を取ることができませんので、出来るだけ短時間(30分以内を意識していました。)ででき、尚且つ効果が高い運動を、行っていました。
具体的にどんな運動かと言うと、私の場合は急勾配の坂道を、全力疾走で駆け上がると言った坂道ダッシュを、取り入れました。
やり方としては、家の近所の坂道(出来るだけ急勾配の方が効果的、尚且つ少なくても50メートル以上の長さが良いです。)まで軽いランニングで向かい、坂道を頂上めがけ全力疾走します。
頂上まで着いたら、下りは軽いランニングで降りてきます。
これを1日5セット、週五回行っていました。
この坂道ダッシュなのですが、めちゃくちゃきついです。
食事後スグにやってしまうと嘔吐してしまいます。
なので、最初はセット数を調整して取り組んだ方が良いと思います。

 

筋肉痛との付き合い方
運動を行うと必ずと言っていいほど筋肉痛になります。
筋肉痛の時はゆっくり休んだ方が良いも言われることも多いですが、私は敢えて休みませんでした。
なぜなら、一日でも早くダイエットをおえたかったからです。
あまりにも筋肉痛が酷い場合は休んでも良いのですが
休んでしまうと習慣化がむずかしく、三日坊主になってしまうからです。
また、運動だったらなんでも良い理由ではなく、よりきつい、筋肉に働きかけるような運動を毎日行うことが、ダイエットの成功の秘訣だと思っております。

トップへ戻る